MENU

保育士の資格を取るメリット

保育士の資格を取るメリットはどこにあるのか?

 

昨今では待機児童の問題もありそういった状況の中で、保育園もどんどん増えている傾向にありますが、専門的な知識を持たないまま保育に従事している人が多い園では、様々な問題が発生しているものまた事実です。

 

それは保育士が不足しているという社会問題が背景にあります。
保育の質を維持し、保護者の信頼を得たい事業者からは、保育士有資格者に対する求人が圧倒的に増えています。

 

つまり、これから就職や転職を考えている場合には、保育士の資格はメリットのある資格といえるでしょう。保育園では20代、30代、40代、50代、60代それぞれの年代の方が活躍しています。

 

新卒ばかりでなく、中途採用での求人も多数あり、どの年代の方でも応募できるような環境があります。
保育士に年齢制限はないというのも、保育士資格大きなメリットの一つといえるでしょう。

 

一般企業では、景気や業績に応じて採用人数を決めたり、リストラなども行いますが、保育園は好不況の影響を受けにくい職場ともいえます。不景気になれば、家計を支えるために子どもを預けて働きたいという女性に応える形となりますので、増々保育士の採用が増えることになります。

 

好景気になれば、女性が活躍できる場も広がり、女性の社会進出を支える形で保育園のニーズが高まります。
これまで家庭の中で出産・子育てをしてきた方は、自分の経験を活かした上で、さらに専門性を持って仕事ができるので、子育てが一段落し社会復帰を考える場合には、保育士資格は強い味方となるでしょう。

 

またこれから出産・子育てを考えている方には、専門的な知識を身につけ、実際に子どもと関わる上で修得できる様々なことは、自分の子育てに大いに役立つことでしょう。

 

1985(昭和60)年の「男女雇用機会均等法」制定以来、次第に男性も保育の仕事に従事する機会が増えてきました。
男性保育士は保育士全体の1割にも満たないのが現状ですが、男性も子育てに積極的に参加する時代ですので、職業として、また自分の子育てに役立つ資格といえるでしょう。

 

保育士は社会貢献だけでなく、自分自身の生活に大いに役立つ資格ということも保育士資格大きなメリットかもしれません。


関連ページ

保育士資格取得方法
保育士の資格と求人
保育士の資格があれば、求人もたくさんあり、特に保育士が不足している現状では、自分が仕事を選べる立場にある のです。