MENU

保育士って保育園で働くための資格なの?

保育園は保育士が働く職場の一つにすぎません。
保育士の資格で活躍できる場は他にもたくさんあります。

 

「児童福祉法」に定められた児童福祉施設には、保育士の配置が義務付けられています。
保育園(正式には保育所)は児童福祉施設の一つでもあるのです。
最近では「認定こども園」も増えています。

 

幼稚園と保育園の施設や運営を一元化して、待機児童問題の解消と効率的な経営を行うというのが法律の主旨です。

 

その法律によって一元化された施設を「認定こども園」といいます。
まさに幼稚園と保育園の機能を一体化させた施設ですので、幼稚園教諭と保育士が一緒に働いています。

 

子どもを預かる条件も、幼稚園と保育園の両方を併せ持つ内容となっています。
認定こども園では、4時間以上預かる子どもの対応は保育士となっています。

 

幼稚園教諭だけでは運営ができないので、保育士資格の需要が高まっています。
また各自治体が運営する「保育ママ制度」も需要が増える傾向にあります。

 

保育士の資格を有し、各区市町村が実施する研修を受け、必要な知識を修得すれば「保育ママ」として認定されます。
基準を満たした自宅の一室や、自治体が用意した保育室で子どもを預かり、保育園よりも家庭的な保育を行うことができます。

 

最近では、民間企業が社員の福利厚生の一環として、事業所内に託児所を作ったり、病院内に託児所を設けたりするケースも増えています。

 

また、デパートやイベント会場、遊戯施設などでキッズルームといった一時預かりサービスを行うところも保育士の活躍の場です。
このように保育士の資格を持っていれば様々な場所や勤務形態で広く活躍できる職業といえます。

保育士 資格記事一覧

保育士の資格を取るメリットはどこにあるのか?昨今では待機児童の問題もありそういった状況の中で、保育園もどんどん増えている傾向にありますが、専門的な知識を持たないまま保育に従事している人が多い園では、様々な問題が発生しているものまた事実です。それは保育士が不足しているという社会問題が背景にあります。保育の質を維持し、保護者の信頼を得たい事業者からは、保育士有資格者に対する求人が圧倒的に増えています。...

保育士資格を取得する方法は、指定保育士養成校を卒業する方法と、保育士試験に合格する方法があります。●指定保育士養成校で取得する方法一定の基準を満たすことで厚生労働省の認可を受けた学校や施設のことをいい、その種類には、専門学校、短大、大学、その他の養成施設があります。その他の養成施設とは、文部科学省の管轄外の学校のことで、「〜大学校」「〜専門学院」などの名称で、県や社会福祉法人が運営しています。●保...

晴れて【保育士証】を手にした私が改めて考えたのは、やはり働き方です。合格通知が届いた段階で、私はネットでの保育士求人検索や無料の求人誌なども見るようになりました。保育業界のスタートは公立保育園での1才児クラス保育補助、次は社会福祉法人の保育園で4才児クラスにて特別支援児の担当を経験させて頂きました。土日祝日のいずれかは、大手不動産会社の新築マンション販売センターにあるキッズルームでシッターのバイト...