MENU

二度目の保育士試験へ受験申請

二度目の受験となる平成25年保育士試験の受験申請は、4月から始まりました。

 

最初の手順となる【受験の手引き】の請求は、4月1日受付・発送開始。

 

一度目は郵送にて請求しましたが、今回はインターネットから請求してみることに。

 

氏名、郵便番号、住所、電話番号を入力するだけで、簡単に完了となります。
1週間程で、登録した住所に、保育士試験事務センターから【受験の手引き】が送られてきました。

 

同封の『郵便振替払込取扱票』で郵便局の窓口にて、12,900円(受験手修了12,700円+受験の手引き郵送料200円)を納付する必要があります。

 

私はお昼休みに郵便局に行ってとても混んでいたので、局員の方に確認したら、用紙を見て「ATMでも大丈夫」と言われたのに、結局ATMでは受け付けてくれませんでした。

 

この納付については、注意書きにある通り、本当に【窓口】でなければダメなようです。
その後、手引きに従って受験資格を確認し、私は『平成24年一部科目合格者』に該当することがわかりました。

 

申請時に添付する書類は『平成24年一部科目合格通知書』のコピーです。

 

『平成23・24年に一科目以上合格された方』というページの手順に従い、書類に必要事項を記入し、証明写真(顔写真)と振替払込受付証明書を指定の箇所に貼り付けて、一部科目合格通知書をA4でコピーしたものを同封の上、保育士試験事務センターへ送りました。

 

この時に、書類への必要事項と一部合格通知書のコピーがない場合、前年合格した科目が免除されなくなってしまうので、受験申請の際には注意が必要でした。

 

保育士試験は年に1回ですので、受験申請には細心の注意が必要だと思います。


関連ページ

保育士試験と合格基準
保育士試験は筆記試験が2日間、実技試験が1日で実施されます。実技試験は音楽・造形表現・言語で、予め申請している2科目を実演します。
勉強を本格的に再開
保育士の試験勉強を本格的に再開してから、生活スタイルを見直しました。朝勉強できるのは1時間弱しかありません。そこで・・・
苦手科目克服法
私が実践した保育士試験勉強の苦手科目子どもの食と栄養の克服法!
得意科目攻略法
私が実践した保育士試験勉強の得意科目保育実習理論の攻略法!
保育士試験会場
二度目の保育士試験会場は、東京大学・駒場キャンパスとのことでした。
教育原理及び養護原理
教育原理及び養護原理は、去年合格したのに再受験とは!(;´д`)トホホ…
二度目の試験前日
保育士試験の直前は、どんなことでも自分の見方にし、とにかくリラックスして自分を信じることもまたとても大切なことだと思います。
平成25年筆記試験1日目
平成25年の保育士試験1日目は8月10日(土)。昨年は8月4日だったので、1週間後ろにずれた分、何だかちょっと得した気分でもありました。
保育士筆記試験
平成25年保育士筆記試験2日目です。自身の努力はもちろん、神頼みはやっぱり効果があるのかもしれません。
保育士実技試験の練習
私は筆記試験が終わった翌日から、保育士実技試験の学習を始めました。とにかく筆記試験に合格することが大前提でしたので、実技は後でいいと考えていたのです。
保育士試験筆記結果
保育士 実技 造形 言語
平成25年10月20日、当日は小雨が降っていました。私の保育士実技試験は造形表現と言語表現。
保育士試験 難易度
保育士試験の難易度はどのくらいなの?